3歳のどきどき、涙の生活発表会

可愛いうちに素敵な思い出をいっぱい!

私の息子は3歳の頃、本当に元気いっぱいでした。私も旦那も仕事がちょうど忙しくかまってあげられる時間も少なかったため、落ち着きのない子どもになってしまいました。
ちょうど生活発表会の1週間前くらいに子供の落ち着きのなさを指摘されていましたので、生活発表会ではどうなるかと親が緊張していました。
また、私の子供が通っている保育園は児童数も少ないため、目立ってしまうのではないかと正直嫌な気持ちでいっぱいでした。
当日は、やる気いっぱいの息子にお話を聞く時はちゃんと静かに聞いてね!とか約束をして送り出しました。

 

息子達のクラスの番が来て、心配で胸が張り裂けそうでした。息子はヒーローに変身してジャンプしたり、回ったりするのですが、順番も守っていましたし、何よりいきいきとやっていたのにとっても感動しました。
約束を守って静かに出来ていたのにも感動して、うるうるしちゃいまいした。
旦那も感動していました。この時までは。
その後に続けてクリスマス会をやったのですが、息子は発表会で集中力が切れてしまったんでしょうね。
クリスマス会では、落ち着きがなく、先生が話している時に話してしまったり、隣の子にちょっかいを出したりと、色んな事をやっていました。結局先生がつく事になり、今度はショックで泣いてしまいました。
この時に、息子にもっと愛情をかけてあげようと、仕事も考えようと決意しました。
旦那もショックだった様でした。終わった後も、息子はにこにこでしたが、私たちはくらーい雰囲気で、気まずく終わってしまいました。
涙の発表会でした。


ホーム RSS購読